お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

「高齢化」と向き合う 仲介会社の視点 (下) オーナーに「家族信託」提案

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 前回は高齢者向けの賃貸住宅探しを支える「R65不動産」を紹介。入居者の高齢化は認知症や死去後の早期発見の体制を整えることで、むしろオーナーにとっては長期入居につながる経営利点があると分かった。今回は、不動産フランチャイズ(FC)に加盟する地域企業の取り組み。高齢化する不動産オーナーに家族信託を推奨し、着実な賃貸経営を支えていく。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています