住まい・暮らし・文化

主要住宅8社 16年度受注実績 アパート好調 戸建ては苦戦 棟数減も単価でカバーの傾向

 主要住宅8社の16年度住宅受注・販売実績が出揃った。全体的な傾向として、戸建て住宅の受注が低調に推移する一方、相続税対策のアパート需要が目立つ賃貸住宅受注は好調が続き、各社の業績に貢献するケースが目立った。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»