お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

住宅・不動産業界とシェア 人口減少社会到来で変わるのか <上> 新築分譲マンションの場合 量的拡大には〝業特有の壁〟

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 住宅・不動産業は内需の柱だが、市場の全容と詳細では把握できていない部分も多い。住宅着工やマンション供給といった新築分野はともかく、中古住宅流通、増改築・リフォームとなるとまだ推計の域を出ない。人口減少社会を迎え、市場は今後縮小に向かう。産業界で進む大手の寡占化傾向は今後、典型的な国内地域型産業である住宅・不動産業でも加速するのか。住宅市場の今後とシェアについて考える。        (柄澤 浩)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

連載「住宅・不動産業界とシェア 人口減少社会到来で変わるのか」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています