お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

中古流通活性化、本格議論 国交省、最終まとめへ報告書

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 国土交通省はこのほど、13年9月からスタートした「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル」の報告書をとりまとめた。これまで国交省では、中古住宅流通市場活性化の実現に向け、「中古住宅・リフォームトータルプラン」「不動産流通市場活性化フォーラム」といった検討会を数年にわたり開催。官民一体となった議論を重ねてきた。今回のラウンドテーブルでも、不動産事業者、金融機関関係者らが一堂に会し「市場活性化に向けた基本的方向や取り組み課題の共有」を図った。13年6月に閣議決定した日本再興戦略の中で、「2020年における中古住宅・リフォーム市場規模を、10年時点の10兆円から20兆円に倍増させる」との目標を掲げた。残りは5年に迫った。この報告書を基に、市場活性化への「最終ステージ」に向けた議論・検討が更に加えられる。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています