大言小語 東北も地方も喜べる五輪を

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 IOCロゲ会長(当時)の「TOKYO」という、やや素っ気ない声も日本の人々を歓喜させるには十分だった。2020オリンピック・パラリンピックは東京で行われる。まずは、しっかりとした準備を官民一体となって進めることだ。

 ▼一方で、心から喜べない人がいることも事実だ。やはり、東京電力福島第一原発の事故がその理由だ。事故から2年半たっても汚染水問題など難題が山積している。安倍首相は誘致のプレゼンテーションで、歌舞伎の大看板よろしく『大見得』を切ったが、後で部下からその真意を説明してもらうようでは、大看板とは言えまい。招致委竹田理事長の「福島から東京は250kmも離れている」と繰り返す言葉は被災者には身を切られるように辛い。

 ▼とはいえ、やはりオリンピックは国を元気にする。先週、太田国交大臣や事務方幹部は「パラリンピックも忘れないで。これを行う都市は当然バリアフリーでなければならない。7年後バリアフリー先進都市東京を見せよう」と話した。世界から目標となる意気込みだ。

 ▼また、日程にも魅かれる。7月24日から8月9日と猛暑の東京開催を心配するのは確かに分かるが、この中には広島と長崎の原爆忌がある。平和式典や黙祷を行っている中、東京五輪ではどう対応するか、世界はどう思うのか。そういう見方も五輪の楽しみだ。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています