登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

大言小語 政治談義は居酒屋で

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 小子が住むF市は今月下旬に市長選挙が行われる。長期政権(4期)が続いた現役市長の任期満了に伴うもので、新人からベテラン県議まで多彩な立候補者が名乗りを上げているのだが、市民の関心は今一つ。前回投票率は34%だったが、最低でも50%は超えてもらいたいものだ。

 ▼50%といえば、東京小平市で都市計画見直しの是非を問う住民投票が実施されたが、投票率が35%で50%の要件を満たさなかったため、無効となった。同じ市政でも橋下徹大阪市長の発言問題など、国政に絡む話だと関心を持つが、地元の福祉や環境、教育問題などになると途端に興味を失うのが日本人だ。

 ▼自分が住んでいる町の政策に関心がないとしたら、そこに住んでいるという意識が薄いからではないか。首都圏3県などでは、相変わらず〝○○都民〟意識が残っているのだろうか。地元を知らずして、中央のことなどわかるはずもないと思うのだが。

 ▼小子が自分の住んでいる地域を意識し始めたのは、地元で呑む習慣が身に付いてから。東京で呑んでいるのとは、かなり様相を異にする。そこは、高齢化する親との確執に悩む女性、仕事が減る一方の職人、職場環境に悩む若者など、社会の一線で懸命に生きる人たちが悩みを打ち明ける場だった。楽しく集える居酒屋があれば、形式だけの公開討論会などよりも、庶民の政治意識は高まる。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています