提携ニュース

住宅ローン、若年層〝借り過ぎ〟傾向強まる 利上げ耐性に弱さ

 家計債務の大半を占める住宅ローンの返済負担が将来的な経済成長の足かせになる可能性が高まっている。不動産市況過熱による購入価格の上昇などで、直近では住宅ローンの対可処分所得比率は60%を超える水準に達し(続く)

この記事は有料記事です。
新規会員登録で1ヶ月間無料でご覧いただけます。
無料会員の方は、有料会員になると続きをご覧いただけます。

新規会員登録 有料会員登録

ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事