【参加無料】住学一体最先端探求学習実践シンポジウム

地所など大丸有エリアでのSDGsアプリの機能追加

三菱地所、農林中央金庫、日本経済新聞社、日経BPなどで構成される大丸有SDGs ACT5実行委員会は、5月から約7ヵ月間にわたり、「大丸有SDGs ACT5」を実施する。新しい「ACT5メンバーポイントアプリ」は4月27日からダウンロードを開始。期間中はSDGs達成に向けた様々なアクションを展開するほか、3年目となる今年度は、アプリの一部機能を改善し、個人の行動変容を促す。

アプリでは、SDGs貢献活動に参加することでポイントを獲得でき、貯まったポイントを、サステナビリティに配慮された商品との交換、SDGs貢献団体等への寄付などに利用できる。アプリの改善としては、個人のWELL-BEINGを促進する歩数計測機能を「チャリティウォーキング」としてリニューアル。個人が1日8000歩を達成するとポイントが獲得され、そのポイントがSDGs貢献団体へ寄付される仕組みを新たに実装する。また、積極的にアクション参加するユーザーを基軸にユーザー拡大を図るため、友達紹介機能を追加する。

「大丸有SDGs ACT5」は、就業者約28万人、約4300事業所が集う大手町・丸の内・有楽町エリアを起点に、企業の枠を超えてSDGs活動を推進するプロジェクトです。「サステナブルフード」「環境」「WELL-BEING」「ダイバーシティ&インクルージョン」「コミュニケーション」という5つのACT(テーマ)を定めている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています