【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

東急、渋谷東口エリアの再開発工事を12月1日に着工

外観イメージ

 渋谷二丁目17地区市街地再開発組合と参加組合員である東急は、「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」の新築工事に12月1日から着工する。渋谷ヒカリエや青山通りに隣接する23階建ての複合施設を整備。渋谷駅東口エリアの新たなにぎわい拠点を目指すとともに、渋谷駅周辺の回遊性向上を図る。開業は24年度上期の予定。

 1~4階の低層部は、商業機能などを配置し、敷地内の広場などと一体的に整備する。5~23階は、駅につながる利便性の高いハイグレードなオフィス(総賃貸面積約2万4950平方メートル、基準階面積約1325平方メートル)を提供。また、脱炭素に向けたサステナブルなまちづくりを目指し、省エネルギー施策を積極的に実施しており、建築物省エネルギー性能評価制度(BELS)の建築物全体評価にて最高ランクである星5つ、「ZEB Oriented」認証を8月31日付で取得した。都内の超高層複合用途ビルでは「ZEB Oriented」認証取得の第一号案件となる。

 工事期間中も「渋谷二丁目アートプロジェクト」と題して、現地仮囲いにアート作品を掲示。「都市の移り変わり」をテーマに選ばれた8人のアーティストの作品を掲出する。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています