神奈川県平塚市で物流施設2棟開発、投資額は180億円 日本GLP

 日本GLPは神奈川県平塚市のツインシティ大神地区土地区画整理事業施行地区内に物流施設「GLP平塚2」「GLP平塚3」の2棟を建設する。工期の予定は「平塚2」が22年5月~23年6月、「平塚3」が22年7月~23年8月。2棟合計の投資額は約180億円。
 施設の構造は「平塚2」「平塚3」共に耐震鉄骨造の4階建て。「平塚1」は敷地面積が約1万7800平方メートル、延べ床面積が約3万6000平方メートル。「平塚3」は敷地面積が約1万3700平方メートル、延べ床面積が約2万8000平方メートル。
 両施設は電子商取引や流通加工ニーズなど様々な業種に対応するハイブリッド型として開発を進める方針だ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています