快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

ドローン外壁調査AI自動判定システムを実用化 竹中工務店

外壁タイルの「浮き」をAI(人工知能)が自動判定する

 竹中工務店(大阪市中央区)は、高層建物などの外壁調査システム「スマートタイルセイバー®」を開発し、実用化した。ドローン(無人航空機)に搭載した赤外線カメラの撮影画像をもとに、AI(人工知能)が外壁タイルの「浮き」を自動判定する。すでに、2021年3月に福岡市早良区内の地上88メートルの超高層マンション「アトモスももち」の外壁調査で初適用した。

 赤外線画像からAIが外壁タイルの浮きを一枚ごとに自動判定し、熱分布データとして抽出できる。どの箇所に浮きが発生しているかが一目で分かる。デジタル技術により、省人化や調査期間の短縮化を実現し、高精度・高品質の調査を確保できる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています