20年度首都圏中古マンション 月額管理費は平米単価191円

 東日本不動産流通機構(東日本レインズ)が発表した「首都圏中古マンションの管理費・修繕積立金」によると、20年度に同機構を通して成約した首都圏中古マンションの月額管理費は1平方メートル当たり平均で191円(1戸当たり1万2480円)、修繕積立金は169円(同1万1071円)で合計361円(同2万3551円)だった。
 1戸当たりおよび1平方メートル当たりの月額管理費は経年化するにつれて低下傾向にあり、1戸当たりの修繕積立金は築10~20年の物件が最も高く、それより経年化すると低下傾向。また、規模が大きくなるにつれて低下する傾向があるが、200戸以上は上昇している。
 管理費と修繕積立金(年額)の対成約単価比率は、70年代とバブル期の80年代後半から90年代前半に建築された物件が高く、2つの山を形成している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています