登記サービスならNTTデータの地図クラウドサービス - BizXaaS MaP

京都でホテル「シャングリ・ラ」を共同開発へ  サムティ

「(仮称)シャングリ・ラ京都二条城」の完成予想図

 不動産開発のサムティ(大阪市淀川区)は、同社子会社SAMTY ASIA INVESTMENTSPTE LTD(シンガポール)を通じて、世界的ホテルチェーンのシャングリ・ラグループ(中国・香港)を共同事業者として、2022年1月に着工予定のホテル開発プロジェクト「(仮称)シャングリ・ラ京都二条城」に着手する。また、これに合わせ、2021年4月1日付で契約を締結して間接的に出資持分を取得する形で、同プロジェクトの開発を担う特定目的会社「Shangri-La Kyoto Nijojo」(東京都千代田区)を子会社化する。

 今回の開発プロジェクトの建物規模は、RC一部S造地下1階地上4階建てで、客室数は80室から100室規模を予定。平均客室面積は約57平方メートル。2022年1月に着工し、2024年12月に完成する予定。建設地は京都市上京区藁屋町536の49の敷地約5840平方メートル。京都市営地下鉄東西線「京都」駅徒歩14分、「二条城前」駅徒歩9分に立地する。

 サムティは2021年1月策定の新中期経営計画「サムティ強靭化計画(アフターコロナ版)」でホテルの需要回復後のマーケットを見据えた厳選した投資の継続や、海外事業での基盤構築を重点戦略に位置づけている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています