お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

野村不 西武プロパティーズのシェアオフィスと提携契約締結

 野村不動産は11月4日、サテライト型シェアオフィス「H¹T(エイチワンティー)」事業について、西武プロパティーズ(東京都豊島区、上野彰久代表取締役社長)と業務提携契約を締結したと発表した。これにより西武プロパティーズのシェアオフィス「エミフィス練馬」(西武鉄道練馬駅構内)が利用可能拠点に加わり、20年12月末時点で総数が60店舗まで拡大する。
 提携契約により、11月16日以降「H¹T」会員がエミフィス練馬を利用可能となる。その後、予約および開錠システム等の共通化をすすめ、21年4月頃の相互利用開始を目指す。
 H¹Tは、同社オフィスビルの開発・運営ビジョン「HUMAN FIRST(ヒューマンファースト)」の事業思想を具現化した、働き方の多様化と効率化に応えるサテライト型シェアオフィスブランド。19年10月にサービスを開始した。完全従量課金制でオープン席は15分150円(1人)、ボックス席は15分300円(4人から)、会議室15分300円(2人から)。
 同社はH¹T事業を都内のほか郊外や地方にも展開しており、21年3月末までに提携先を含め80拠点(うち同社開発45拠点)、27年度中に同300拠点(同150拠点)の開設を目標にしている。会員数は緊急事態宣言解除以降に急増し、現在7万8千人を超え、さらに増加が続いている。
 エミフィス練馬は、西武グループが展開するシェアオフィス事業の1号物件として19年9月に開業した。通勤時間の削減やワークライフバランスの向上に対応するほか、アフタースクール(学童保育)を併設し、仕事と子育ての両立サポートなど、働きやすい地域社会の実現を目指した施設となっている

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度12月宅建試験向け 本試験ズバリ!直前予想講座
受験対策講座2020
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中
宅建解答速報号2020

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています