快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

恵比寿ガーデンプレイスタワーに鹿島の新制震装置 サッポロ不動産

恵比寿ガーデンプレイスの外観

 サッポロ不動産開発(東京都渋谷区)は、商業施設の恵比寿ガーデンプレイス内で1994年に完成した高さ167メートルの超高層オフィスビル「恵比寿ガーデンプレイスタワー」で、鹿島(東京都港区)が新たに開発したTMD型制震装置「D3SKY-L」を屋上に設置する制震工事を始めた。工事は2022年8月まで。

 TMD型の採用により、長周期地震動を含む大地震から中小地震まで建物の揺れ幅や揺れを強く感じる時間を大幅に低減するという。眺望や工事中のテナントに与える影響を最小限に抑える工法を選定した。工事中もオフィス・レストラン街は通常通りに就業・営業ができる。制震装置は、ヘリポートとして使用されていた屋上の限られたスペースに設置して効果を発揮させる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています