お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

投資家調査、7割が高い金利で借り入れ MFS調べ

 MFSは、オンライン不動産投資ローンサービス「モゲチェック不動産投資」を利用する約2000人のサラリーマン投資家などに調査を行い、約7割のユーザーが2%以上の高い金利で借り入れを行っていると発表した。
 また、不動産投資家の約8割が年収や資産状況に見合わない額のローンを借りており、全体の年収倍率は平均11.8倍で、10倍超の借り入れがあるユーザーは全体の35%を占めていた。
 不動産投資ローンコンサルタントで、同社の不動産投資事業部長の浦濱純一氏は、「一つの目安として、年収倍率が10倍を超えると借り入れの難度が上がると考えたほうがよい。もし、追加物件の購入を検討している場合は、購入前に既存物件の借り換えを先に実施するのが賢明といえる」としている。
 この調査は、モゲチェック不動産投資の「借り換えサービス」および「新規借入可能額推定サービス」を19年2月19日から20年2月5日の間に利用したユーザー1978人(保有物件5510件)に対して、今年の2月11日に行った。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています