お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

物流施設の賃料水準見通し、増加基調で「楽観的」 一五不動産情報S

 物流施設や工場など工業用不動産に特化した調査会社の一五不動産情報サービス(東京都大田区)は2月22日、19年1月期の物流施設の不動産市況に関するアンケート調査をまとめ、公表した。
 同調査によると、半年後の不動産価格の見通しは「横ばい」が70.3%と最多で、「上昇」が27.5%、「下落」が2.2%となった。また賃料水準の見通しは「横ばい」が70.3%、「上昇」が24.2%、「下落」が5.5%。「上昇」の比率は17年7月の4.9%を底として増加基調にあり、同社は「東京圏の不動産マーケットでは、19年において過去最大の供給量が見込まれているが、楽観的な見通しが勢いを増している」と分析している。
 調査はインターネットで実施し、調査対象は物流分野に限らず不動産に関わる実務家や専門家。有効回答数は91票。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています