お知らせ
電気の使用量でお部屋を見守る「見守り電気」月々300円の安心見守り アイキューフォーメーション
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

新さっぽろ駅周辺の開発プロジェクト用地を取得 大和ハウス工業

I街区イメージ

 大和ハウス工業は12月17日、大和リース、新さっぽろ脳神経外科病院、新札幌整形外科病院、記念塔病院、札幌学院大学、産業技術学園の6者と共に、札幌市厚別区の「市営住宅下野幌団地」跡地などから成るG街区およびI街区を取得した。
 同跡地は「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」として共同開発に着手する。G街区には大学などの教育機関、I街区には商業施設、ホテル、分譲マンション、医療施設の建設を計画している。
 新さっぽろ駅周辺地区は、札幌市の一点集中型の都市構造から多核心的都市構造へ誘導するための副都心の位置づけ。プロジェクトの開発総敷地面積は約5万5700平方メートル(一部借地含む)。取得面積は4万9263平方メートル。総工期は19年3月から23年3月を見込む。総事業費は約500億円。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています