お知らせ
スマート物確  24時間365日、人の代わりに物件確認を自動音声が対応します

東武不動産が民泊事業に参入 1号物件は墨田区

 東武鉄道のグループ会社である東武不動産(東京都墨田区、平野通郎社長)はこのほど、住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行される6月15日から空き家を活用した民泊事業を開始することを発表した。
 事業は東武沿線で展開し、東武鉄道と連携して沿線の観光施設のPRや周辺地域との協力によるツアーなどを実施する考え。
 1号物件として、同社が墨田区内は東京スカイツリーそばに所有する2階建ての建物をリノベーションし、2階には4~6人が宿泊できる部屋を3室設けた。1階には「日本独自のナイトライフ」を体験できる商業テナントとして、ラーメン店、カラオケ店、居酒屋が出店。また、電動シェアサイクルを設置し、「墨田区ならではの体験」としてシェアサイクルを使った下町散策ツアーなどを行う。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています