お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

木造軸組工法の受託製造会社・ウッドステーションが事業スタート

 三菱商事建材とテクノエフアンドシーは共同事業として展開していた木造軸組工法受託製造事業をカーブアウトさせ、新会社としてウッドステーション(千葉市美浜区)を4月2日に設立。ウッドステーションは5月21日に第三者割当増資を実施。パナソニックアーキスケルトンデザイン、YKK APが新たに株主として参加、資本金および資本準備金3億円の新会社として事業を開始した。保有株式比率は三菱商事建材が33.3%、テクノエフアンドシーが33.3%、パナソニックアーキスケルトンデザインが16.7%、YKK APが16.7%となる。
 ウッドステーションは木造軸組工法の受託製造(下請け)のプラットホーム化という新たなビジネスモデル構築を進めていく。また、すべてのハウスビルダーに開かれたオープンファクトリーとして全国ネットワークの構築に取り組み、住宅用木材(国産材)のサプライチェーンの改革にも取り組む考えだ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2020
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています