お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

コールドウエルバンカー、日本から一時撤退か

 米国に本社を置く不動産FC、コールドウエルバンカー(以下CB)はこのほど、日本支部を務めるコールドウエルバンカーアフリエイツジャパン(東京都渋谷区、以下CBJ)とのライセンス契約を解除した。5月中旬、CWの代理人を務める日本の顧問弁護士から、国内の各FC加盟店にその旨が文書で通知された。これによってCBJと国内の加盟店は、ロゴや看板などCBのブランドを使用できなくなった。

 顧問弁護士によると、契約解除はロイヤリティーの不払いをはじめCBJ側に複数の契約違反があったことが原因。

 CBは現在、世界約50カ国でFC事業を展開。総店舗数は約3200に上る。2006年のCBJの設立により日本進出を果たしたが、今回の契約解除によって一時的に日本から撤退するとみられる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています