お知らせ
不動産仲介士資格認定試験の受験申込受付中

先進設備と自然の力融合 横浜市でスマートマンション 大京と近鉄不

 大京(東京都渋谷区)と近鉄不動産(大阪市天王寺区)が横浜市都筑区の約8600平方メートルの敷地で、太陽光発電や蓄電池などのエネルギー設備機器と自然な風の流れを促すパッシブデザインを融合させた総戸数221戸のスマートマンション「ライオンズ港北ニュータウンローレルコート」の開発を進めている。12月中旬に第1期72戸を販売する。

 開発敷地内にはマンションのほか、ビオトープ(生物生息空間)を設けた池や森、道を計画。敷地の約30%を緑化する。

 エネルギー設備機器はこうした緑地の維持管理に活用する。太陽光で発電して蓄電池に貯めた電気で、敷地内に設置した井戸から水をくみ上げる。井戸水を池などの水源や、植栽の水やり用として利用。緑地の維持管理にかかる電気代や水道代について、年間180万円軽減する。同時に、植栽の光合成による蒸散効果や木陰の冷却効果で創出されるクールスポットで、気圧の変化から発生する涼しい風をマンションが取り込む。各住戸に、扉を閉じた状態でも換気できる玄関ドアや通気ルーバーが付いた居室用のドアなどを採用して、快適な室内環境を作り出す。大京がLIXIL協力の下、行った検証によると、このパッシブ設計効果でエアコンの使用量を約31%抑えるという。

 同物件は都筑区北山田5の17に立地。横浜市営地下鉄グリーンライン北山田駅徒歩12分。専有面積は67~108平方メートル。販売平均坪単価は201万円。

 11月27日現在、問い合わせは約1000件、マンションギャラリー来場は約300組。来場者の平均年齢は40.1歳で地元都筑区と港北区からで6割を占める。事業出資比率は大京が70%で近鉄不動産が30%。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています