JSHI公認 ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験

不動産の業況、分譲は横ばい 流通・ビル賃貸は悪化 土地総研 10月調査

 土地総合研究所はこのほど、10月1日時点で実施した不動産業業況等調査の結果をまとめた。住宅・宅地分譲業は3カ月前の前期調査と比べて経営状況は横ばい、不動産流通業<住宅地>とビル賃貸業は悪化した。3カ月後の見通しでは、すべての業種が悪化の見通しとなるなど、業況は停滞気味となった。3大都市圏と地方主要都市の分譲業48社、流通業69社、ビル賃貸業27社の計144社を対象に実施し、119社から回答を得た。

 10月現在の経営状況(指数)は、住宅・宅地分譲業は21.9(前期比0.0)、3期連続20 ポイント台で推移している。不動産流通業<住宅地>は2.4(同マイナス10.1)となり2期連続で前の期を下回った。ビル賃貸業はマイナス14.0(同マイナス2.0)で3期ぶりに前の期を下回った。

 また、3カ月後の経営状況見通しは、住宅・宅地分譲業が7.8(同マイナス3.1)、不動産流通業<住宅地>が0.0(同マイナス15.6)、ビル賃貸業もマイナス4.0(同マイナス12.0)といずれも悪化の見通しとなった。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています