お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

近鉄不と大京が初のJV戸建て 三鷹市のエコタウン認定第一弾

開発が進む「エルグレード三鷹ザ・ファースト」(10月17日現在)

 近鉄不動産と大京が東京都三鷹市で初の戸建て共同事業、「エルグレード三鷹ザ・ファースト」の開発を進めている。6102平方メートルの敷地で41区画を分譲する計画。複数の戸建て住宅を一体的に開発して、エネルギー関連設備を導入する事業について三鷹市が認定する「三鷹市エコタウン開発奨励制度」の第1号事業だ。エルグレードは両社の共同戸建て事業のブランド名。第2弾以降も検討に入っており、今後も積極的に取り組む方針だ。

 同物件は、三鷹市大沢3丁目に立地する。各住棟には、東京ガスが供給する太陽熱利用システム「SOLAMO(ソラモ)」と電気自動車用コンセントを採用する。両設備がエコタウン開発奨励制度の対象になっているほか、太陽熱利用システムには東京都の助成制度があるため、戸当たり53万5000円の補助金が受けられる。

 今年度内に39戸が完成予定。残り2戸は、2014年秋頃の完成を見通している。

 第1期1次は10棟を販売する予定。開始は11月下旬頃。敷地面積は110~125平方メートル。間取りは4LDK。価格は6000万円台が中心になる見通し。

 なお両社の同事業への出資比率は、5対5。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています