お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

生涯CO2ゼロに、東北初のLCCM最高等級認定 ナイスの戸建て

 ナイス(神奈川県横浜市)が宮城県仙台市太白区で建築した戸建て住宅が、建築環境・省エネルギー機構(IBEC)が認定する、建設から廃棄までのCO2排出量を0%以下にするLCCM住宅の最高ランク(☆☆☆☆☆)を東北で初めて、取得した。

 同認定は、注文住宅で取得したもの。国が定めた長期優良住宅基準を上回る性能を持ち、かつ低価格商品として、同社が東日本大震災被災者向けに11年に開発した、フェニーチェホームをベースに10キロワットの太陽光発電やLED照明、高効率エアコンなどを付加させることで、認定基準をクリアした。

 認定を取得した住宅は、最大天井高2430ミリメートルの小屋裏(ロフト)を確保した平屋建て、建築面積は115平方メートル。

 なお、LCCM住宅は、生涯のCO2排出量を0%以下にすると最高ランク認定、50%以下にすると次点認定(☆☆☆☆)が受けられる2段階の仕組み。IBECによると、最高ランクは2月7日までに、全国で5棟が認定を受けている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています