お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

贈与平均額が増加 既存住宅で25%増 FRK、消費者動向調査

 不動産流通経営協会(FRK、東京都港区)はこのほど、2011年度の不動産流通業に関する消費者動向調査をまとめた。それによると、フラット35の利用率が新築・既存共に前年度より大幅に上昇。「親からの贈与」の平均利用額も増加しており、政策効果が改めて実証された形となった。
 フラット35の利用率は、新築購入者で19.2%(前年比9.8ポイント増)、既存購入者で13.7%(同7.8ポイント増)に上り、協会は「いずれも優遇金利の成果が如実に表れた」とコメント。また自己資金の内容のうち「親からの贈与」を見ると、利用率は新築での上昇幅が4.4ポイントにとどまり、既存では2.0ポイント下落。一方で平均利用額はいずれも増加し、新築は916.3万円(同55.6万円増)、既存は955.0万円(同192.2万円増)で特に既存での伸び率が大きかった。これについて協会は、「2010年の引き渡し分については、1500万円までだった贈与税の非課税制度の恩恵が大きい」との見方を示した。
 調査対象は、首都圏で2010年4月1日~2011年3月31日の間に住宅の引き渡しを受けた世帯。回答数は新築購入者が318件、既存購入者が641件で全体の回答率は42.8%だった。
(http://www.homenavi.or.jp/frk/)
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています