登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

住宅・宅地分譲業、4年ぶりプラスに 土地総研・業況調査

 土地総合研究所が7月に実施した不動産業業況等調査によると、住宅・宅地分譲業の現在の経営状況指数が4年ぶりにプラスに転じた。前回(4月)調査のマイナス4.4から大幅に改善し、プラス8.3となった。また、3カ月後の見通しについてもプラス11.1(前回はマイナス4.4)と状況は更によくなるとの見通しが多い。事業者からは、「モデルルームへの来場者数は震災後、一時的に落ち込んだが、徐々に回復基調」や「高額物件は苦戦しているがファミリー物件は堅調」といったコメントが聞かれている。

 そのほか、不動産流通業(住宅地)やビル賃貸業、不動産流通業(商業地)はいずれもマイナスとなっている。

 調査は三大都市圏や地方主要都市で、不動産業を営む企業を対象にしたアンケートをもとに算出。アンケートは、164件(うち、住宅・宅地分譲業については36件)から回答を得ている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています