お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

気になる話題

連載 「今週の住宅新報」編集長雑感

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 消費増税の影響が、徐々に出てきたようです。5月13日号10面「景気動向指数、過去最大の落ち込み」、同じく11面「注文戸建ての受注が悪化」。両記事とも、消費増税を前にした「駆け込み」の反動減が主要因であると解説しています。

 経済対策優先の政策、6年後に控えた東京五輪など、景気上昇に期待を感じさせる要素もあります。ただ、先日の総務省発表のように、「上昇し続ける高齢化率、減る一方の生産年齢人口、子どもの数」が、今後の日本の姿です。

 将来の年金を心配する『脂の乗り切った世代』が多くなっていると聞きます。彼らに今から老後の心配をさせるようでは、日本の将来に期待は持てないでしょう。「安心してがむしゃらに働き、お金を使える世の中」の到来を望んで止みません。

「「今週の住宅新報」編集長雑感」の記事一覧 ≫

最新の連載・特集

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています