快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

消費税が最大テーマ

連載 社説「住宅新報の提言」

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 プレハブ建築協会(会長・樋口武男大和ハウス工業会長)は5月31日、総会後の記者会見を開いた。

 あいさつの中で同会長は「明るい材料としては住生活基本法が成立する見込みとなったこと。この法律は国民が豊かな住生活を送れるようにするのが理念で、いい住宅、いい街並みをめざすわれわれ業界にとっては大きな励みになる」と語った。

 また、今後の最大テーマとしては消費税問題を挙げ「住宅は固定資産税を払っていることからも分かるように資産であって耐久消費財ではない。この点を強調して(消費税引き上げを回避できるように)陳情していきたい」とも述べた。


【今週の視点】
 日本の住宅は資産なのか、耐久消費財なのか。戦後の住宅戸数不足(約420万戸)に直面した日本は、住宅金融公庫法、公営住宅法、日本住宅公団法、そして住宅建設計画法の創設によって、数多くの住宅が供給されてきた。
 当時、「ウサギ小屋」と言われた公団住宅。とにかく、住む家が必要だった時代。100年住宅の欧米思想は、高度経済成長の日本にとって忘れられた存在だったのかもしれない。




「社説「住宅新報の提言」」の記事一覧 ≫

最新の連載・特集

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています