総合

不動産鑑定士レター 違法建築物の評価 リスクを考慮して減額

 鑑定評価の対象物件が違法建築物(建築基準法違反)ということがよくあります。例えば次のようなケースです。 【建ぺい率・容積率オーバー】  一番多いのはこのパターンです。建物を増築したり、竣工後に地下(続く)

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»