総合

東京不動産健保 桃野新理事長に聞く 加盟者の健康守るには 企業ぐるみで取り組みを

新型コロナウイルス感染症の拡大が続くなど厳しい局面の中、東京不動産業健康保険組合は7月にトップを交代した。桃野直樹新理事長(東日本住宅社長)に、就任に当たっての抱負や課題、今後注力したい取り組みなどを聞いた。

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»