マンションリフォームマネジャー試験のご案内

バルテック 改正電帳法対応で企業支援 文書管理と家具廃棄も 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

文書管理センターやクラウドで大切な請求書などを原本、デジタルで保管する

 ICT機器開発などのバルテック(東京都新宿区)は、改正電子帳簿保存法対策向けとして新たに『文書管理+オフィス家具廃棄サービス』の提供を4月に始めた。書類をスキャンしてデータ化させ、原本を預かるほかにも、書庫などのオフィス家具の廃棄を依頼できる。

 1月施行の同改正法で、電子取引の授受に関して電子データのままに電子保存する義務が規定された。その実施は、税制改正大綱で2年の猶予期間が設けられたが、請求書や領収書などを電子取引データとして保存する対応を企業各社が始めている。

書庫の引き取りも

 今回の同社の新サービスでは、文書の電子化に際して、電子帳簿保存法に対応する機能を持ち、タイムスタンプを付与する文書管理システムを用いる。同サービスを利用する企業宛ての取引先からの請求書を、同社の文書管理センターが直接受け取り、電子化作業を行う。電子化した書類はシステム上で検索や閲覧、ダウンロードできる。そのほか、不要になる書庫などの引き取りや廃棄も請ける。ペーパーレス化やオフィススペースの有効活用を支援する。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています