〝こども研究所〟を設立 シリーズ・SDGs実現に挑む クリエイト礼文・目標3ほか

この記事を読むのに必要な時間:約1分

山形市内の4つの保育施設に日よけを設置

 「ユニテハウス」ブランドをメインとした注文住宅事業や不動産事業を手掛けるクリエイト礼文(本社・山形市、大場友和代表取締役CEO)は「山形こどもSDGs研究所」を設立し、未来を担う子供たちを見守る取り組みを進めている。活動第1弾「こども健やかプロジェクト」では、山形市やLIXILなどと連携して今夏、市内の保育施設4カ所に日よけを寄贈した。目的は2つ。1つは地球温暖化で異常気象への対応が課題となる中、体温調節機能が未発達な幼児の健康を守り、快適に過ごすことができるようにするため。もう1つは、地球環境に関する学びの場にしてもらうためだ。

 同社は、住宅会社として省エネ性能向上などに注力。更に地域の環境を維持する方策を検討する中で、「本当に大切なのは地域の未来を担う子供たちの健やかな成長を見守りながら、子供たちに地球環境を守ることに興味関心を持ってもらう〝教育分野〟だ」と考えた。今回の日よけを設置した保育園施設の子供たちにも、「環境を大切にする学びの一歩にしてほしい」(同社)という。

 このプロジェクトを通じて、SDGsの目標3(すべての人に健康と福祉を)や目標4(質の高い教育をみんなに)、目標7(エネルギーをみんなに、そしてクリーンに)などの5つの目標を実現していく。

 来年度以降も、新たなアイデアを募りながら活動を発展させていく計画だ。 

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
賃貸不動産経営管理士解答速報2021
不動産コンサルティング技能試験解答2021
不動産日記2022
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています