不動産テックEXPO

TOUCH TO GO・JR東日本 無人ゲートで決済 非接触にカフェ利用

この記事を読むのに必要な時間:約1分

無人ゲートで入退場できる。

 無人決済システム開発のTOUCH TO GO(以下=TTG、東京都港区)は、同社で開発したゲート連動式次世代型無人オーダー決済端末『TTG―GATEWAY』を、JR東日本クロスステーションフードカンパニー(以下=JR東日本、東京都台東区)のカフェ店舗向けに提供した。利用者と店舗スタッフが商品の注文から決済まで対面せずに、無人の対応で完了するようにした。

 今回、JR東日本では、働く場所を選ばない〝ノマドワーカー〟向けとして、保有する有休店舗を時間課金型セルフカフェ『ベックスステーションラウンジ東中野店』(東京・JR東中野駅改札外)へリニューアルするのに際し、TTGが開発した無人決済端末の導入を決めた。

 時間課金制の店舗で利用者は、交通系電子マネーやクレジットカード、現金支払いなどの幅広い方法で決済できるようになる。商品の受け渡し時だけを有人で対応する。購入するQRコードのレシートでゲートを通過して入退場ができる(写真)。

 また、TTGは9月30日に東芝テック(東京都品川区)と資本業務提携した。両社の協業で無人決済店舗システムの導入・保守を加速させる。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています