RECEPTIONIST・RevComm セミナー 商談内容を可視化  

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 RECEPTIONIST(東京都渋谷区)と、RevComm(東京都渋谷区)は、営業成果を出すためのコツやアポイントを獲得する方法を考えるセミナー『オンライン営業入門』を9月28日に開催し、ウェブで配信した。

 RevComm営業統括の角田潤彌氏は、商談のオンライン化が広がり、「回線環境の、単に安定性ではなく、今では〝機能性〟を高めることが差別化のポイント。顧客の特性を理解し、重要度を順位立てした訴求戦略の立案が重要になっている」と指摘。オンライン営業を通じて、「会話内容をチーム別や個人別で解析して数値化する。商談に最適な時間帯や〝勝ちパターン〟の話法を共有することが大切になる」と説明した。これらを叶え、会話を可視化して履歴を残し、個々の営業習熟度の向上にも生かせるとして、同社提供のAI(人工知能)搭載IP電話『MiiTel』(ミーテル)を紹介し、「全体レベルを底上げする。出社の必要がなくフルリモートを実現する新たな働き方にも対応できる」と説明した。

 RECEPTIONISTセールスマネージャーの白上大典氏は、同社提供の日程調整ツール『調整アポ』の導入企業の事例を紹介して、「予約調整業務を自動化するのに合わせ、顧客に合わせた業務時間帯の見直しや訴求メールの内容も改善し、アポイント率を格段に上げた。業務の効率化や生産性の向上にもつなげている」と説明した。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています