YKKAP、WHC、リビングテック協 暮らし方提案の実棟モデル 開発パネルで職人不足に対応

この記事を読むのに必要な時間:約2分

「真鶴の家」実棟モデルの外観 在宅ワーク空間 ホテルライクな住まい空間
 YKKAP(東京都千代田区)は9月2日、ワールドハウジングクラブ(WHC、東京都中央区)、LIVING TECH協会と共に、在宅ワーク定着、職人不足といった課題解決に対応する「真鶴(まなづる)の家」プロジェクトの実棟モデルを神奈川県真鶴町にオープンした。スマートホーム化も施し、樹脂窓・面材・断熱材を一体化したパネルの採用など、理想を具現化した住宅を提案する。

 9月2日のオンライン説明会で、YKKAP事業開発統括部長の東克紀氏は「真鶴の家」について「コロナ禍で見えてきた暮らし方の課題、建設業界における深刻な職人不足・高齢化といった課題に対して当社としての答えを形にできないかと考え、プロジェクトはスタートした。解決策をパートナーとの共創で形にすることを進めてきた」と説明した。YKKAPがプロジェクト統括、パネル専用窓の企画開発、WHCがパネル開発、パネル住宅のキット化・販売、リビングテック協がスマートホームの企画・設計・実装を担当した。

 間取りでは在宅ワーク空間とホテルライクな住まい空間を明確に分け、気分転換を図りやすくし、より充実した職住一体を追求した。タッチレス水栓手洗い、天井埋め込みの空気洗浄設備など衛生面も強化した。平屋ベースのコンパクトなつくりは移住や二拠点生活への要望をにらむ。

 職人の不足や高齢化にはパネル工法を提案する。パネル専用窓(トリプルガラス樹脂窓)・面材(耐力壁)・断熱材を一体化したパネルを開発し、施工作業の効率化や工期短縮を実現した。建て方では一般的な在来工法と比べ、1週間程度の工期短縮が見込め、円滑に造作工事に移行できる。パネルの一括納品による輸送負荷軽減でCO2排出削減効果も見込む。

 スマートホームへの対応では、カウンター下や床下コンセント、間接照明・電動カーテン用コンセント、ロボット掃除機「ルンバ」の置き場など最適な納まりを事前に考慮。実棟モデルにはスマートホーム機器10種、ネットワーク家電・機器7種など合わせて約90台を設置している。

 実棟モデルは木造軸組み工法+パネル工法の平屋。敷地面積は175m2、延べ床面積は77.67m2。購入希望者へのモデルハウス、工務店への提案の場として活用していく。

 WHCは工務店向けに住宅キット販売のプラットホーム「HOMEiLAND(ホームアイランド)」(HiL:ハイル)を展開しており、9月末から「真鶴の家」各種販促資料を搭載し、販売を開始。HiL仕様の「真鶴の家」モデルは標準仕様(耐震等級3相当、UA値0.46)で本体販売想定価格は約1900万円となる。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
解答速報号申込2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています