賃貸・管理 賃貸・地域・鑑定 マンション管理

浸水被害を3次元で スペクティ 最新技術を開発

 Spectee(スペクティ、東京都千代田区)は、河川の氾濫(はんらん)直後に、ほぼリアルタイムで浸水の範囲と深さを推定し、2D(2次元)や3D(3次元)のマップ上に再現できるという最新技術を開発した。7月に島根県出雲市などの各地で発生した河川氾濫の周辺地域の浸水状況も実証実験している。AI(人工知能)でリアルタイムに解析して、地図上にシミュレーションした。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます。
新聞のお求めはこちら»  会員について»