政策

三大都市は回復基調 東京14区が大きく増加 4月・マンション着工

 国土交通省の調査によると、都市部(東京23区、名古屋市、大阪市)の4月分譲マンション着工戸数は5026戸(前年同月比36.4%増)で、前月の増加から減少に転じた。東京23区、名古屋市は減少に転じたが、大阪市は3カ月連(続く)

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»