マンションリフォームマネジャー試験のご案内

ライナフ・工藤建設 〝置き配〟普及で連携 環境負荷低減で活動

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 不動産テック企業のライナフ(東京都文京区)は、通信販売などの「再配達問題」の解消を通じた環境負荷低減を図るため、「置き配」の普及に向けて、建設・不動産業の工藤建設(横浜市青葉区)と5月17日に連携を始めた。工藤建設が管理する賃貸マションに対して、ライナフが提供する『置き配システム』を順次導入していく。

 荷物の再配達をなくすことで、配達車両から発生する二酸化炭素の排出を削減し、環境負荷の低減に貢献する。配達員の手間を省くだけではなく、マンションの居住の利便性を向上させることで、入居者や不動産オーナーの満足度も高めることに期待できる。

 ライナフは、アマゾンジャパンの認定パートナーとして、アマゾンの新たな配達手法『Key for Buisiness』と、そのほかの宅配会社にも対応するライナフ独自のスマートエントランスシステム『Ninja Entrance』(ニンジャエントランス)を提供する。

 配達時だけ、共用部のオートロックを一時的に解錠できるスマートロックを軸とした仕組み。入居者が配送の注文時に「置き配」を指定しておけば、自宅玄関の前まで荷物が届き、再配達をなくす。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています