総合

修繕積立金不足の不安解消へ 住金機構 4月からリバースモーゲージ活用

 住宅金融支援機構(住金機構)は4月から、マンションの区分所有者向けに、将来の修繕積立金を一括払いする融資をリバースモーゲージで取り扱う。これは高経年マンション等の修繕積立金の不足分確保を支援するもの。ただし、規約改正などが必要となるため、まずは管理組合の相談対応から進めていく構えだ。

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»