20年全国マンション発売 コロナで76年以来の低水準 不動産経済研調べ

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 不動産経済研究所の調査によると、20年(1~12月)に全国主要都市で発売されたマンションは5万9907戸で前年を15.2%下回った。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一時期営業活動を控えたことなどが影響した模様。対前年で減少するのは2年連続で、76年(4万9955戸)以来の低水準となった。

 地域別で見ると、首都圏(2万7228戸、前年比12.8%減)や近畿圏(1万5195戸、同15.8%減)、九州・沖縄(5797戸、同32.0%減)などが軒並み減少した。一方、東海・中京圏(5386戸、同15.8%増)は回復した。首都圏のシェアは5年連続で50%を下回った。

 1戸当たりの平均価格は4971万円(同3.8%増)で、4年連続の上昇、1m2当たりの平均単価は75.8万円(同4.4%増)で8年連続の上昇。1戸当たり、単価共に4年連続で最高値を更新している。

プレサンスC、初の首位

 事業主別の供給ランキング(上位20社、表参照)を見ると、プレサンスコーポレーション(4342戸)が初の全国トップとなった。2位は野村不動産で、3位には昨年まで6年連続トップだった住友不動産が入り、4位は三井不動産レジデンシャル、5位はエスリードだった。オープンハウス・ディベロップメントと日本エスコンは初のトップ20入り。上位20社の全国シェアは58.0%で、戸数は6015戸(14.7%)減少したがシェアは0.3ポイントアップした。

 同社では、21年の発売は6.9万戸(15.2%増)を予測。「コロナ禍が続くものの市況は回復。3年ぶりの増加となる見込み」としている。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています