不動産仲介士 21年度第1期試験受付中

21年業界展望 挑戦の先に明るい兆し

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 21年も引き続き、新型コロナの影響を避けることができない。世界各国で感染拡大が続き予断は許さないが、昨年の感染拡大当初のようなパニック状態には至っていない。昨年末からワクチンの接種が始まり、治療に向けた懸命な努力の成果が少しずつ見えてきたからだ。住宅・不動産業界も新型コロナで、DX(デジタル・トランスフォーメーション)化が進展し、働き方や住まいの多様化も定着しつつある。そして、大規模再開発「東京駅前常盤橋プロジェクト(街区名称=トウキョウ トーチ)」の一角である「常盤橋タワー」がいよいよ今年の6月に竣工する。21年は、「コロナを克服する革新の年」にしていきたい。(第2部に続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています