お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-

差別化のカギ「中間領域」とは 平屋から3階建てまで半屋外提案 建物と植栽・外構に一体感 ゆとり求めるニーズの高まり

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 多くの人々にとって、新型コロナウイルスの感染拡大による「巣ごもり」は、それ以前は当たり前と考えられてきた住まいや暮らしのあり方を再考する機会になった。というのも、家族全員が四六時中過ごし、しかも自宅で仕事をし、授業を受けるなどということは、これまでになかったことだからだ。その中で感じたストレスが今、「余裕やゆとりが感じられる住まいを」というニーズを従来以上に強めていると思われる。中でも外部とのつながりが感じられる半屋外空間である「中間領域」などの提案が、これまで以上に重要性を持つと考える。(田中直輝・住生活ジャーナリスト)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2020年度12月宅建試験向け 本試験ズバリ!直前予想講座
受験対策講座2020
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中
宅建解答速報号2020

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています