住まい・暮らし・文化

住友林業 CLT移動式建築の実証棟が完成 宿泊施設に運用、データ蓄積へ

 住友林業は10月27日、茨城県境町、協働プラットフォーム(東京都千代田区、長坂俊成代表)と8月に結んだ移動式応急仮設住宅開発の包括連携協定に基づき、「CLT combo(仮称)」の実証棟第1号を同町に建設し、内覧会を開催した。同協定期間(1年間)内は、宿泊利用などで実証実験を行い、データの蓄積を進める。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます。
新聞のお求めはこちら»  会員について»