お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-

三井住友トラ基礎研調べ 不動産私募ファンド  21.1兆円に市場拡大

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 三井住友トラスト基礎研究所は10月6日、不動産私募ファンドに関する実態調査の結果を踏まえ、6月末時点の不動産私募ファンドの市場規模(資産運用額ベース)を21.1兆円と推計した。これは19年12月末時点の前回調査と比べて約0.9兆円増加(約4.7%増)。市場規模には私募リートやグローバルファンド(日本以外の国も投資対象とするファンド。同社定義)を含み、前回に引き続き過去最高を更新。同社ではコロナ禍が軽微な1月~3月の資産規模拡大の寄与が大きいと推察する。
 今回の調査の対象は国内不動産私募ファンドを組成・運用している47社。調査時期は7月~8月。
新型コロナウイルス感染症拡大後の投資意欲の変化では、55%が「あった」と回答。変化の内容では「取得価格目線の低下」「投資対象の範囲縮小」「LTV(資産価値に対する借入額の割合)水準の低下」の回答が目立った。
エクイティ投資家の投資意欲では「変化はない」が65%を占めた。その一方で「低くなってきている」は33%となり、前回調査時の0%と比べると、大きな増加を示した。プロパティタイプ別の投資額では、国内と海外の投資家は「商業施設」「ホテル」で「減少」が過半を占めた。
 今後1年以内の組成予定のファンドとしては「オフィス」と「住宅」が共に32%で、いずれも前回調査比16ポイント増。「商業施設」は同4ポイント減の12%、「物流施設」は同12ポイント減の8%、「ホテル」は同16ポイント減の4%となった。また、今後注力したい物件タイプでは「ホテル」「商業施設」の割合が減少し、「住宅」「物流施設」が増加している

 

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています