【参加無料】住学一体最先端探求学習実践シンポジウム

大言小語 気構えを立て直す

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 新型コロナウイルスの流行で、住まいのあり方が見直されている。テレワーク対応などが話題となっているが、より本質的な見直しもこの際求めたい。そもそも住まいとは何か、家族の居場所としてはどうあるべきか、子育てに向いた環境とはどういうものか、などだろうか。

 ▼これまで、政府は住宅を景気刺激政策の対象として捉えてきた感が強い。これからは、そこでの暮らしをより豊かに、人間らしく生活するための空間実現へと目を向けるべきではないか。住宅供給側としても、これからは供給戸数の多さを誇るよりも、住まいにどのような想いや願いを込めようとしているのかを、表層的ではなく本気で考えなければ国民の支持を得られないだろう。

 ▼今回の新型コロナの流行は、働き方や仕事と余暇とのバランスなど生活全般、生き方そのものについても多くの人が真剣に考える契機となっている。国民一人ひとりにどう生きるべきかという覚悟を迫ってきているようにさえ感じる。政府や他者の対応を批判するよりも、各々が自分の気構えを立て直すほうが先決だと思う。

 ▼気構えを立て直すためにも、まずは今の住まいを見直そう。二地域居住や移住を検討するまでには至らない人のほうが現実には多いはずだ。今の住まいを見直すヒントは、小さな空間の創造だ。何も置かないスペースが心に余裕を持たせ、新鮮な気概を生む。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建登録講習申込2022
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています