地域連携で空き家を解決 三友システムアプレイザル常務執行役員 田井 政晴  ▶(2) 全国で応用可能なモデル

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 18年度から取り組んできた当社の空き家調査員育成事業は、国土交通省住宅局の「空き家対策の担い手強化・連携モデル事業」に採択され、地方自治体や地域の専門家と連携した、空き家利活用をスムーズに進められるような仕組みづくりを目指しています。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています