お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

オンライン接客拡充 主要住宅各社4月度受注 外出自粛、展示場休業が影響

この記事を読むのに必要な時間:約2分

受注状況
 主要住宅メーカー各社の4月度受注速報(金額ベース)は、前年同月比で大幅なマイナスとなり、厳しい結果を示した(表参照、5月14日時点)。新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした外出自粛要請、展示場の休業・閉鎖などが影響した。各社はオンライン接客の動きを加速する。

 企業別で見ると、積水ハウスの「分譲住宅事業」は前年同月比横ばいだが、「戸建住宅」は同34%減、「賃貸住宅(RC造除く)」は同19%減。

 大和ハウス工業は「戸建住宅」が同32%減、「分譲住宅」が同31%減、「集合住宅」が55%減。

 住友林業の「戸建注文住宅」は同35%減、「賃貸住宅」は同20%減。「戸建注文住宅」ではウェブ広告を強化し、資料請求数は増加したという。

 旭化成ホームズでは、戸建てと集合住宅の「請負住宅」が同60%減。同社の営業エリアは21都府県。東京を中心にした首都圏での受注が多く、外出自粛要請などが大きく影響した。

 ミサワホームの「注文住宅」は27%減、「建売分譲住宅」は58%減。一方、「賃貸住宅」では物件の大型化、収納空間など付加価値を提供。棟単価が上昇し、同41%増となった。

 パナソニックホームズは「戸建住宅」が同29%減、「集合住宅」が同48%減。

 展示場での集客、対面での営業が制限される中、各社ともオンライン接客、リモート営業に注力する。積水ハウスは4月末まで「おうちで住まいづくり」キャンペーンを展開してきたが、顧客の反応もよく、期間を延長する。

 また、大和ハウス工業はウェブ限定の戸建て商品「ライフジェニック」も持つ。成約件数は2月までが月間10件程度だったが、3月は35件に伸びている。

 新型コロナの収束時期は見通せないが、ウェブでの顧客への訴求力が求められる。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています