お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

新型コロナ、徐々に回復も減収減益へ 大手デベ3社の20年度業績予想 19年度は過去最高を更新

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 新型コロナウイルスの影響により先行きが不透明な中、大手ディベロッパー3社(三井不動産、三菱地所、住友不動産)の20年度業績見通しが出そろった。第2四半期以降、徐々に回復を見込むが、通期では3社共に減収減益予想となった。マンションは期首時点の高い契約率で各社とも比較的堅調、オフィスも底堅い予想である一方、休止を余儀なくされた商業施設や宿泊施設は厳しい見通しとなっている。一方、19年度は、第4四半期に新型コロナの影響があったものの、各社とも過去最高の業績を更新した。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています