マンション・開発・経営

日土地、中規模オフィスに参入 創造性求める大手企業も視野 「REVZO」都心5区で10棟目標に

 日本土地建物が新規展開する中規模オフィスブランド「REVZO(レブゾ)」。6月に第1弾となる「REVZO虎ノ門」が竣工する。東京都心5区(中央区、港区、千代田区、新宿区、渋谷区)を中心に10棟を展開する計画だ。都心部での中規模オフィスは、設備仕様の高さに加え、自由な発想で、創造的に働ける空間づくりに特徴をもたせ、先行する不動産ディベロッパーとの差別化を図る。同社のオープンイノベーションオフィス「SENQ(センク)」に入居するスタートアップのオフィス拡大需要に加え、大手企業の知的生産性や創造性が求められる部署の入居ニーズも取り込む考えだ。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます。
新聞のお求めはこちら»  会員について»